プレミアムドッグフードで
売れているおススメベスト5

プレミアムドッグフード「アーテミス」の特徴

アメリカで一番人気のある犬の専門誌でおすすめのプレミアムドッグフードと紹介されたのをきっかけに世界中で人気となっているのがアーテミス。いくつかシリーズがありますが、プレミアムドッグフードならではの特徴がたくさんあります。

アーテミス

人間でも食べられるくらいの原料を使って作られているプレミアムドッグフード「アーテミス」は、主原料に鶏肉や七面鳥のお肉が使われています。しっかりと動物性たんぱく質を摂ることができますね。ワンちゃんがアレルギーを起こしやすい穀物類も大麦や玄米、お米が使われているので安心。アレルギーを起こしやすかったりちょっとアレルギー気味なワンちゃんでも食べられるプレミアムドッグフードです。人工の着色料も香料も保存料も一切使われてないので、その点も心配ないですね。良質な動物性たんぱく質をベストなバランスで配合していて、犬種や成長度合いを問わず、栄養がしっかりと吸収できるように作られているんです。小型幼犬用をはじめ、小型成犬用、小型高齢犬用、中・大型成犬用、低カロリーな体重コントロール用とラインナップが豊富なのも飼い主としてはうれしいですね。

アーテミスの口コミ

「アーテミスに切り替えてから数年が経過しますが、全く食欲というか食いつきが衰えません。おかげさまで毎日元気に過ごしています。小粒にできているので、我が家の愛犬は小型犬なんですが食べやすいみたいです」「ちょっと違うものをあげるとお腹がすぐに緩くなってしまううちのワンちゃん。アーテミスに切り替えるときも心配していたんですが、心配するほどお腹が緩くならず、しかも今ではほとんど下痢をしなくなりました。お腹がすぐに緩くなってしまうのが悩みだったので切り替えて良かったです」「高齢犬になりつつあったとき、今までのドッグフードを食べづらそうにしていたので、思い切ってアーテミスに切り替えてみました。するとびっくりするくらいよく食べるようになりました。本当に高齢犬かと思うくらいよく走りよく遊んでいます」など、飼い主さんはもちろんワンちゃんからの評価が高いプレミアムドッグフードです。

アーテミスの保存方法と与え方

アーテミスはプレミアムドッグフードなので合成保存料は一切使われていないんです。保存料として使われているのは天然由来の成分ですので開封後は1ヶ月くらいを目安に消費することを推奨しています。保管方法は、高温多湿、直射日光を避けて常温でしっかり密閉した状態で保管するのがポイント。冷蔵庫などに入れると湿気でフードが劣化してしまうので、冷蔵庫での保存はNG。アーテミスに限らないことですが、今現在使っているドッグフードと切り替えるときは、少量ずつまぜ、お腹の調子やワンちゃんの食べ具合を見ながら量を増やし2週間ないし3週間ほどかけて切り替えが終わるようにしてあげるのがポイント。いきなり全量変えてしまうとお腹が緩くなったりするので、少量ずつ混ぜて切り替えてあげてくださいね。